MPVの値引き目標額と安く購入する方法を紹介しています。

MENU

このサイトでは2017年12月新車購入時の値引き目標額と、購入見積と下取り見積もりを無理せず取得してMPV購入額を抑える購入レポートを紹介しています。

MAZDA MPV の購入は総額で下げる!

MPVはマツダ全店が取扱しています。
2014年9月一部改良後現在に至ります。
次のモデルチェンジ予想は未定。

MPVの2017年12月での最大値引き額は

およそ 32万円 が値引き目標金額です。

(新車価格表と中古車相場はサイトの一番下に掲載)

↓ ↓ ↓

MPVをどれだけ安く購入できるか知るために

★今の愛車をこちらからとりあえず査定してみましょう★

 

最低でも30万円、もしくはそれ以上の値引きをした上で購入したいところです。ですが、

と、少しでもそうお考えであれば先をお読みください。

 

【新車購入】やってしまいがちな失敗談

 

今まさにMPVの購入を検討していらっしゃるのでしたら、販売店との良好な関係を保ちながら少しでも値引きを成功させるために、前もって準備しておくことをおすすめするポイントを2つ紹介致します。

 

これは実際にお店へ行く前に準備をしているかどうかで、値引きの交渉をする際に大きく影響してくる部分なのでしっかり準備してください。

これから、MPVの値引き額を調べて、

支払い総額を引き下げる確実な方法を紹介していきます。

 

インターネットを使い自宅に居ながらでも簡単にできる購入見積の取得方法と、下取り買取査定金額の見積の取り方を説明致します。この2つだけでも準備して、支払い総額をおさえて通常よりも30万円は安く購入してください。

 

お時間の無い方はこのサイトをブックマークしておいて、時間の取れる時にご確認下さい。

 

MAZDA MPV の値引き準備

 

【1つ目】:MPVの値引き額を相見積もりを取って把握しましょう。

 

 値引き交渉を進める時、ディーラー同士や他車種との競合を出来れば行いたいですよね。
ですが、ディーラーが何件も近くにはない場合もありますので、相見積もりをもらいに行くのも大変です。

 

そこで、まずインターネットを使って自宅に居ながら簡単に複数のディーラーや他車種の見積もりを出してもらい、事前に値引き額や諸経費など実際にかかる費用の概算を合わせた総額を確認しておきます。

 

そうすれば、本命のディーラーへ行った時、あらかじめ持っている見積額をもとに値引き額が多いか少ないかを自分で判断することができるので、その後の値引き交渉もこちらのペースで進められます。なによりも、交渉をあれこれするのも大変ですし、お互いの気持ちもよくないです。

 

ですので、

 

本命のディーラーが決まっていても、ストレス無く値引きをしてもらうためにもネットで何件か見積りを取ってみましょう。この時のポイントは、「下取り車がある」場合と「下取りが無い」場合の2種類取っておくようにしましょう。

 

理由は、購入先と愛車の売却先が違う場合があるからです。そして、ライバル車の見積も同じように取得しておきましょう。

競合になる車はエルグランド・エスティマです。

 

ここまで準備したら大丈夫です。

 

MPVのタイプとすれば、オデッセイやマークXジオなどがマッチします。ですが、競争相手と見るならばエルグランドやエスティマの方が商談件数も多い分効果が高いです。値引き額は拡大傾向にありますので、場合によっては大幅な値引きがあるかもしれませんね。

 

こちらのサイトから申し込むとあなたがお住まいの周辺のディーラーから無料で新車見積もりがもらえます。↓↓

 

MPVの未使用車や中古車を調べる場合は↓↓

 

自動車保険もご検討であればこちらで比較するだけで数万円安くなるかもしれません。↓↓

 

 

自動車業界の裏話

「ほとんどの方は、自分が乗っている車の価値がわかってないから下取り額を提示したらそのままで引き取れます。


と、車を買い替えの際に自分の車を売却する時、業者側からするとこれが車の購入者から利益を出す方法の一つです。

 

車屋さんの利益とは、購入者が新車の購入額を相場より多く支払っているということと、下取り額を実際の価値より安く手放しているということです。ここで言う、「下取り額を提示したらそのままで引き取れる」という意味は下取り額を相場よりも低い価格で買い取って、オークションや次のオーナーへ高く販売して利益を得るということ。

 

自分の愛車がいくらで売れるのかということは、中古車情報誌やインターネットで相場を調べてみたところで、大体の所しかわからないので実際下取りに出すときは、結局買取相場より低い額で下取りに出しているのが現状です。

上記の内容は決して車屋さんが公表していない裏話になります。

 

すべての車屋さんがそうではないと思いますが、何も知らないと大きく損してしまう可能性があります。

 

次は商談の流れです。

 

下取り車があることを前提ですが、いざお店に行ってディーラーの営業マンと色々話をします。MPV購入を真剣に検討しているとそれとなく伝え、値引きはどれぐらい出来るかと聞いてみると…、意外とあっさりある程度の値引き額を持ち出されます。

 

ここで、「なかなかいいかも?」と安心してそのまま商談を進めてしまう方が多いです。
しかしここが、営業マンのペースに乗ってしまっているということです。

 

営業マンのペースに乗るということがどういうことか説明しますと・・・。
営業マンは値引きを限界までしていると見せかけて、その値引き分をしっかり下取り価格で利益を出そうとしています。当然、どこの営業マンにも厳しいノルマがあるので、そう簡単には値引きをしてくれません。

 

例えば、値引き交渉の段階で、

30万円の減額に成功しても、今乗っている車の下取り価格をこっそり40万円ぐらい下げられて、最終的に私たち購入者側にわからないようにお金を持っていかれてしまう事もあります。

 

利用者数がとても多く、大手から地元査定業者が参加するクルマ査定サイトはこちら↓

ズバット車買取比較は、業界トップクラスの最大10社の一括見積もりに対応した車査定業者.。

>>ウェブクルー公式サイトはこちら<<

 

入力したら1秒で愛車の最高額が分かるので、愛車の相場をすぐ知りたい!という人におすすめです。

>>エイチーム公式サイトはこちら<<

 

知名度の高いリクルートが提供するサービス。

>>カーセンサー簡単ネット車査定公式サイトはこちら<<

 

MAZDA MPV の値引き準備

 

【2つ目】:下取り車の市場価値を自分で調べる

 

下取りがある状態で新車見積もりを出してもらってから値引きの交渉をしていくと、営業マンはこんな流れで商談をすすめてきます。

 

「MPVの値引きは30万円が限界です。

 

そして・・・、

 

「ですが、もしご契約していただけるのであればあと15万円下取り額をUPさせていただきます。」

 

みたいに・・・、

 

新車見積りからは値引きできなくても、下取り車の査定額は上げられるという不思議な話しですが、当事者である購入者にはもっともらしく、ちょっとお得感があるような内容に聞こえます。

 

例を上げれば、もし仮に下取りに出す車の最初の査定額が20万円だとしますと。
その車の査定額が15万円UPすると、下取り額は35万円になります。

 

もし下取り車の市場価値が実際では60万円だったら・・・。
買い取り額が実際に40万円程の差があった実際の事例↓

 

(実際あった査定結果の一例です)

 

 

下取り車がない場合、本体値引き額が5万円減ったとしても、この下取り車の本当の査定額を知らないままであれば、購入者は、営業マンの言うままに20万円損してMPVを購入することになってしまいます。

 

 

これだけあればカーポートが買えますよね。
こういう損を気付かない間にしないためにも、今乗っている愛車の本当の査定額を調べておく必要があります。

 

< もう一つの事例 >

 

「一度席を外させていただき、上司に相談させていただいてもよろしいでしょうか?」

 

2〜3分後、

 

「先ほど上役に確認しましたところ、○○様がお乗りの車を下取りで買い取らせていただければ通常下取り額が20万円の所、今回特別に下取りと値引きを合わせた下取り値引きとして65万円、MPVから値引きさせていただきます。」

 

 

なんて言われることもあります。

 

もともとの下取り額が60万円の価値があり、何も知らないと思ってお得感を与える営業方法です。ですが、実際に購入する人は一つ目の事例と同じ金額ですし、通常値引きで購入して下取りも相場以下で売却していることと同じです。まず、前提条件として、営業マンは「交渉のプロ」であるということです。

 

先ほども触れましたが、それを職業としている営業マンに対して、素人の私たちが準備もしないで値段を下げてくださいと言ったところで、納得させることはかなり難しいです。

 

なので、こちら側のペースで話を進めていくために、事前の下準備をちゃんとする必要があります。まずは、「他社の見積もり」を複数持っておくということです。

 

そもそも、営業マンにとって最悪のケースは、「売り上げを他の店舗に取られる」ということにあります。全力を尽くしてそうならないために頑張っています。

 

ですが、これらの見積り書の数字を営業マンに提示しながら交渉していくと、とてもスムーズに値引き交渉を進められます。

 

とはいっても、いちいち各お店をまわって見積をもらったり、下取り査定をお願いするのも骨が折れるしめんどくさいもの。では、どうすれば市場価値の査定額を調べることができるのでしょうか?ここが支払い総額を下げるキーポイントになります!

 

一番簡単で早くて正確に査定額を調べることができるのはこちらもインターネットで行えます。

その中でも、査定額がUPしやすい方法が、

『オンライン無料査定』です。

 

 オンライン無料査定でしたら、ネット上で車と所有者の情報を入力するだけで、複数の買取業者から無料で買取査定金額が提示されます。査定依頼を受けた買取業者は、他の買取業者にも依頼が行っているのを知っていますので、他社に負けないようにギリギリのラインで高めの査定をしてくれます。

 

車屋さんによっては、スポーツタイプが好きな車屋、ファミリーカーが好きな車屋、外車が好きな車屋と色々好みがありますので、是非買取したい!と考えている業者は自然と市場より少し高めに買取額を提示してきます。

 

あと、地域によっても軽自動車が売れる台数が多い地域は軽自動車の買い取り額が相場より高くなることもあります。簡単に言えばオークションのような形で買取査定額を出してもらうことができます。

 

こういった理由から無料一括査定は査定額がUPしやすいのです。

 

このように

 

 

比較してみて仮に、買取業者の査定額の方が高ければ買取業者に売却して、売却代金を購入費用に当てれば、下取りに出すより支払総額が下がるので間違いなく得をします。
 
また、買取業者の買取額より下取り査定額の方が勝っていても、そのディーラーが出してくれた下取り額が妥当であると確認できます。
 
ですので、そのまま下取りに出せば支払総額を最低におさえることができ、ご自身が納得のいく形で車の売買ができるわけです。

 

 

 

『オンライン無料査定』のメリットは、

 

こちらから買取業者の店舗にわざわざ足を運ばなくても複数の会社が査定してくれるので、一番高い査定額の会社をとても簡単に見つけることができます。

 

その上、インターネットですので、早朝・深夜・休日も関係なく、24時間いつでも査定依頼することができます。査定依頼に必要な入力時間は3分ぐらいで終わります。

 

あとは、あなたの車の買取査定額が上がっていくのを待つだけです。ほんのこれだけで、MPV購入の支払総額が数万円下がるのであれば活用したほうがお得です。しかも無料で利用できます。

 

査定依頼は入力項目が少ないサイトであれば、約半分が該当する箇所をクリックしていくだけの9項目です。

 

結果回答が早くて利用者数が多く、先月、当サイトより申し込み数の多い順に紹介しております。最低でも1つ、最も効果を高めようとすればすべてで査定して下さい。

 

ほぼ毎日、1000人前後の方が利用している無料の上場大手企業が運営する車買取査定サイトですので安心してご利用ください。

 

↓ ↓ ↓

ウェブクルーズバット車買取比較

ズバット車買取比較は、業界トップクラスの最大10社の一括見積もりに対応した車査定業者で、人気の査定業者のほとんど提携してます。こちらのサイトへ進んでいくと、利用者アンケートも充実しており日々更新されています。
公式サイトには査定依頼初心者の高額買取ポイントもチェックできますし、査定・売却情報も掲載されているのでこれから愛車の購入や売却を考えている方にとても参考になります。

>>ウェブクルー公式サイトはこちら<<

エイチームかんたん車査定ガイド

株式会社エイチーム(Ateam Inc.)が運営する車買取比較サイト。車の買取価格を気軽に知りたい。もっと高額で買い取りをしてほしいとお考えの方。人とはちょっと違う車を持っている方はこちらがおすすめ。こちらのサイト内には「車の買取査定に関するうわさ」「買取査定豆知識」といった説明があるので勉強になります。ガリバーやカーセブン、アップルといった有名な高額買取業者が参加しているので高く売れやすいと評判です。ここで見積もりを取って、予想額よりもほぼ2倍になったという実例もあります。入力したら1秒で愛車の最高額が分かるので、愛車の相場をすぐ知りたい!という人におすすめです。

>>エイチーム公式サイトはこちら<<

カーセンサー簡単ネット車査定公式サイト

入力項目は少し多めですが知名度の高いリクルートが提供するサービス。中古車の買取情報ならカーセンサーで1番高い査定価格を出して買い取ってもらえます。簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)などを入力の上、依頼を一括で申し込できます!

>>カーセンサー簡単ネット車査定公式サイトはこちら<<

 

愛車の下取り価格の見積もり書と、購入見積り書をそれぞれ複数用意したら、

実際お店に行ってMPVの購入をじっくり検討してください。

値引き交渉に頭を使う必要はありませんから。

 

 

ページトップへ

新車グレード価格表

 

グレード名 新車価格 発売日 燃費
23S 277万円 2012.1.1 11.0 km/L
23S 4WD 304万円 2012.1.1 10.2 km/L
23S L Package 318万円 2012.1.1 10.6 km/L
23S L Package 4WD 345万円 2012.1.1 10.0 km/L

 

中古車相場

価格帯 1〜271万円
平均価格 71万円
2.3 G 21〜51万円
2.3 G 4WD 11〜61万円
2.3 VS 4WD 11〜31万円
2.3 エアロリミックス 11〜91万円
2.3 エアロリミックス 4WD 1〜101万円
2.3 スポーツ 1〜91万円
2.3 スポーツ 4WD 1〜91万円
23C 41〜221万円
23C 4WD 31〜171万円
23C Lスタイル (特別仕様車) 1〜101万円
23C スポーティパッケージ 41〜161万円
23C スポーティパッケージ 4WD 51〜151万円
23C スポーティパッケージU スタイル (特別仕様車) 51〜161万円
23F 41〜101万円

23S 51〜271万円
23S 4WD 131〜261万円
23S Lパッケージ 121〜241万円
23T 51〜241万円
23T 4WD 61〜231万円
23T Lパッケージ 141〜221万円
3.0 VS 21〜41万円
3.0 エアロリミックス 21〜71万円
3.0 スポーツ 1〜61万円
B 1〜21万円
G 11〜41万円
スポーツ 4WD 1〜71万円
スポーツ F 1〜41万円

中古車価格帯は1〜280万円

車購入の予備知識

車購入が伝授する

車の見積りをする場合、それに向けての整える作業というのが必要になってきます。

 

見積りに際しては、まず、基本的なタイプを組なければなりません。

 

先ずは車検証が必須で、これは国が決めた保安基準をクリアしている証になるものです。

 

次に自賠責保険証が重大です。

 

これは車に乗る際、誰もが参加しなければならない物です。

 

こうした記録は、鑑定では絶対的に必要なもので、紛失している時は陸運支局などで記録の再発行をしてもらわなくてはなりません。

 

評価に向けての準備順序としては、愛車の相場を分かる状態も大切です。

 

売却やる時に損をしないようにするには、愛車の時価の把握は必須で、これにより、査定、売却が遂行するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

必要経費を審査する時は、ネットの無料査定サービスを活用するとよく、簡単に調査ことができます。

 

入力したデータをもとに、査定の見積り結果がすぐにわかるようになっています。

 

査定前の下準備には、車を掃除しておくことも大事です。

 

形姿、内装ともに、しっかり掃除しておくことで、審査の際の印象を大きく上がるざせることができます。

 

 

そういったことから車購入が伝授するということになります。

2015.12.26更新

トップページ

 

車購入の予備知識

車購入はどうなる?

モーターカーの値踏み額というのは、乗り物買いとり業者によって、多額違いがあるものです。

 

その理由は、車買取市場と一般的な車の販売市場の仕組みに違いがあるからです。

 

格段に、大手と中小の買求める専門店では査定金額の算定標準が隔たります。

 

典型的に、中古車の購買金高というのは、中古車市場の功業などの成り行きを卓抜に受けてしまい、時期や時季にも作用されます。

 

また、最近ではチェーン展開している買取専門店も多くなり、そうした場合、チェーン全体で、不足車種を確保するために、高い見積り金額で買い取るケースがあります。

 

そして、中古車が最初に売れる伸びる時にあわせて仕入れを増強する事もよくあります。

 

社会的運動を発展させてしている買いとり店などでは、吟味金額に大幅な開きが生じやすくなります。

 

こうした自動車買取る市場の環境が繁雑に絡み合い、考査額に差が出てしまうのです。

 

現在ポピュラリティーの一括見積りサイトなども影響しています。

 

ネットで一括査定サイトを活用すると、リアルタイムに仕入れたい自動車店は高い査定見積もりを出してくることでしょう。

 

他の何よりも、割合にに値踏値が高価になる性質にいるので、それが車買取市場の査察額に差異を産みだす1つのエレメントになっています。

 

 

そういったことから車購入はどうなる?ということになります。

2015.12.20更新

トップページ

 

更新履歴